GPIFの損失とTPPの全体像

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/23/pension-huge-loss_n_8366208.html

GPIFの7-9月期の運用損は、国内株が約4兆3000億円、海外株が約3兆7000億円などとなった。この間、TOPIXは13.4%、日経平均は14%それぞれ下落した。

試算ですけどね。ぼろぼろですね。年金なくなっちゃいますね。記事にもありますが、本家からの発表は11月末。

TPPは関税がなくなって農業がダメになるとか(外食産業は安いコメを使うでしょうねぇ)、車がいっぱい売れるとか、そんな感じで見られがちですが、さすが河北新報。全体像を教えてくれてます。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151023_11084.html

関税以外の内容です。結局、よくわかりませんが、まー多岐にわたりますねーってことはわかる。気になったのはやっぱりこれだなー。

 【国有企業】
 政府が国有企業に有利な条件で貸し付けるといった援助により他国の利益に悪影響を及ぼしてはならないと規定。外国企業が国有企業と対等な競争条件で事業を行える基盤を確保。

国有企業ってなんかあった??って感じもしますが。

で、健康保険とか年金とかどうなの?っていう心配があったんですけど、そちらは大丈夫らしく。

 【金融サービス】
 外国企業に対して経営幹部の国籍・居住要件を設けることを禁止。国境を越える金融サービスに対して内国民待遇や最恵国待遇を求めるが、公的年金や公的医療保険、国家の財源や保証で行われる活動には適用しない。

年金と国民皆保険は無事に済むらしい。

長いけど一通り読んでおくのがいいと思いました。僕はまだ拾い読みしただけです。

以上